百年一刻の棲処

CONCEPT

正面に立ち並ぶ8寸柱と屋根からのびる煙突が印象的なお住まいです。

玄関より1歩、中に進むと木の香りが家いっぱいに広がり、穏やかに
揺れる薪ストーブの炎が人々に「安らぎ」と「ゆとり」をもたらします。

太陽の光が降り注ぐ心地よい空間で特別な一時を大切に、
そして、月日が経つにつれ、より味わい深いものへと変化していきます。