原木購入
フォークローダーで荷降ろしし、枕木に乗せて保管します。
原木搬入
フォークリフトを使って原木を搬入します。
大割作業
原木の品質を確認し、作業指示書により木取りを決定します。木取りを決定した原木を固定し、歩出しのあと、挽材作業を行います。
乾燥作業
品質の安定化を図るため、加工にまわす材木を桟積みしたあと乾燥機にかけます。
小割作業
大割材(製品)と小割材と仕分けされ、搬送された小割材の挽材作業を行います。
選別
鋸挽きされた製品は選別仕分けされます。
製品検査
材面の品質について樹種、断面、寸法、長さの選別を行います。
結束・表示
結束ののち、樹種名、等級、寸法、工場名等のJASマークの表示を行います。