富山県の人工林の大部分はスギが植栽されており、一般材・間伐材を利用し生産する製品のほとんどがスギとなっています。
スギ以外の人工林では、ごく一部ですが尾根地にヒノキが植栽されており建築資材の特注品として受注生産されています。
当社では県産材の代表的なスギを使って主にフローリング・巾木・廻縁などの内装材や野地板や下地用の桟などさまざまな用途に応じた建築材料を製材加工しています。

スギの持つやわらかさと温もりが快適な住環境を除くお客様に改めて見直され環境意識の高さと「地産・地消」の機運に使われることでその木の持ち味や良いところが引き出され住み心地の良い家づくりに貢献できるものと考えます。

これからも品質の良い木材を提供すると共に県産材の普及・促進に向けてより良い自然との共生を目指していきたいと考えています。