基礎を支える地盤の調査

  基礎を支える地盤が軟弱で、建物の荷重に耐え切れない場合、建物は沈下してしまいます。 米澤製材所では建物の重さに地盤が耐えられるかどうかを測定するために、 「スウェーデン式サウンディング試験」による宅地地盤調査を実施しています。 スウェーデン式サウンディング試験では、スクリューポイントを取り付けたロッドを地中に回転挿入し、 その貫入状況、回転数から、地盤が荷重に耐えうる力=地耐力を調査することができます。
  地耐力の判断基準となる、地盤の強さを示すN値が3.0以下の場合、軟弱地盤となるため、 その対策として効果的な「表層改良方式」や「柱状改良方式」による、地盤改良や地盤補強を実施します。

基礎の仕様

米澤製材所では、建設する土地の地盤によって2種類の基礎方法からお選びいただくことが出来ます。

ベタ基礎
  ベタ基礎とは、建物の立つ範囲の地盤全てに鉄筋をサイの目に組み上げ、建物の範囲すべてに、ベース生コンクリートを平らに15~20cmの厚さで流し込みます。30~40cm程度の高さで立ち上がり生コンクリートを流し込み完了です。ベース生コンクリートを建物の範囲すべてに流し込むことによって基礎に掛かる力を分散させ、住宅全体を支える工法です。
  住宅の重み・地震・台風・さまざまな力から住宅を守る効果があります。
ベタ基礎
布基礎
  布基礎とは、住宅の重みや力の掛かる部分に幅40~60cm程度の型枠の間に逆T字型の鉄筋を組み上げ、ベース生コンクリートを流し込みます。固まり次第型枠を組み上げ、50~60cm程度の高さで立ち上がり生コンクリートを流し込み完了です。
  布基礎はベタ基礎に比べ軽い為、住宅地盤に余計な力を掛けないと言われています。
布基礎