在来工法(木造軸組工法)

伝統的な工法である木造軸組工法(在来工法)は、日本の気候風土に最適な工法として、古くからその技が受け継がれ育まれてきた工法です。

米澤製材所では、この木造軸組工法に製材所で培われ木を知り尽くした職人による確かな施工力で、耐震性・耐久性に優れた家づくりを実現しています。
ライフスタイルに合わせて変化する家
木造軸組工法は壁で構成する工法と比べて、間取りや壁・窓の位置の制約が少ないため、自由な設計プランが可能となります。

また子供の成長やライフスタイルの変化に伴う、増改築や間取りの変更などリフォームにも柔軟に対応できます。
Case Study 米澤製材所がつくる日本の家
Case01 自然素材にこだわった健康住宅
吹き抜けのリビングから和室、縁側まで続く大空間。健康に配慮して様々なムク材と珪藻土など自然素材を多用。健康でゆとりのある生活を実現しました。
Case02 上質な天然木に癒される木の家
木の特長を生かし随所に国内産のムク材を使用。
縁側感覚で寛げる土間や天然木の温もりを感じるリビングなど上質で落ち着いた佇まいの住まいです。
Case03 良材を使いながらも省コストを実現
質の高い木を吟味し自然素材の巧みな使い分けによりコストを削減。ご主人の憧れだった薪ストーブは一台でLDKから二階まで温めてくれます。
Case04 家族が自然と集う空間デザイン
暖かい日差しに包まれる開放感いっぱいのリビングや素足が気持ちいいフローリングなど家族が楽しく暮らせるマイホームです。